• ホーム
  • 避妊薬を遅れて使用しても大丈夫?

避妊薬を遅れて使用しても大丈夫?

泣いている女性

避妊薬やモーニングアフターピルというのは通常はセックスが終わってから72時間以内に服用しなければ、避妊としての効果は得られないと言われています。
避妊薬は避妊をする為に絶大な効果を誇る薬の一つですが、いくら優れた薬であっても時間内に服用しなければ効果はなく、遅れて服用しても意味がないということなのです。
なのでとにかく72時間以内という決められた短い時間内で飲む必要があるものなので、予め入手しておくことが理想的なのです。
ところでもしも予め避妊薬を入手しておらず、いざ避妊が必要となった時に遅れて入手した場合は一体どうなるのでしょうか。

まず避妊に失敗したと気づいてから避妊薬を入手しようとしても良いのですが、その場合は絶対に72時間以内に手に入れるようにする必要があります。
72時間以内というのはなかなか難しいもので、例えば土日祝日やお盆休みや年末年始の休み等に重なってしまっている場合、病院自体が閉まっているという可能性もあるものです。
その場合、病院が通常通り診察等を行うのを持ってから入手しているのでは、服用遅れが深刻になってしまいます。
なのでその場合はインターネット検索して個人輸入業者から購入して急いで服用するようにしましょう。
もちろん輸入業者も祝日等はなかなか通常通りの発送をしてくれない場合もあります。
なので72時間以内に避妊薬を入手するというのは、このように時期によっては非常に難しいものなのです。
だからこそ、セックスをする予定がなくても避妊薬というのは常にお守りみたいな感じで持ち歩いていることが大切なのです。
そして万が一72時間を経過してしまった場合でも、1時間や2時間の遅れならばまだ効果は僅かでも期待できるので、諦めず服用することが大切です。

関連記事
避妊薬の飲み始めに注意しておきたいこと 2019年10月06日

避妊薬を飲み始めるのは大抵生理初日のタイミングです。これは低用量タイプの避妊薬であればどのメーカーのものでも同じです。ごくまれに生理が始まってから数日以内の服用を勧めているというものもありますが、よりスムーズな形で避妊を進めていくのであれば生理の初日の段階での飲み始めがオススメなのです。というのも、...

避妊薬の作用を効果的に得たい時は水で飲むことが1番 2019年08月31日

近年は経口避妊薬である低用量ピルを避妊目的以外で使う人が増えています。避妊効果はほぼ100%といわれていますが、薬の中に含まれている女性ホルモンが女性の悩みを改善、病気の予防をしてくれます。避妊薬には避妊効果以外のどのような効果があるのでしょうか。避妊のしくみとその他の効果、薬の作用を十分に得る為の...

男性用避妊薬はあるのか? 2019年08月11日

避妊薬と言えば女性のために用意されたお薬のイメージがあります。今の時代、男性用にも避妊薬が開発され始めています。コンドームでもなくピルでもない、全く新しいジェルタイプのものです。使用方法は睾丸から陰茎につながる、いわば精子を運ぶ輸精管に注射して利用するようです。効果はかなり高く一度の注射で最大10年...

避妊薬の種類と効果 2019年07月30日

経口避妊薬は、分類方法ごとに、幾つかの種類に分けることができます。経口避妊薬は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていますが、卵胞ホルモンの用量によって、中高用量ピルと低用量ピルに分けられます。10数年前までは、卵胞ホルモンが50μgの中用量ピルが普及していました。副作用の多くが卵胞ホルモンに起因し...