避妊薬の種類と効果

薬の皿を持っている女性

経口避妊薬は、分類方法ごとに、幾つかの種類に分けることができます。

経口避妊薬は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていますが、卵胞ホルモンの用量によって、中高用量ピルと低用量ピルに分けられます。
10数年前までは、卵胞ホルモンが50μgの中用量ピルが普及していました。
副作用の多くが卵胞ホルモンに起因していることから、1999年に避妊効果は維持して卵胞ホルモンを50μg未満にした低用量ピルが認可され、現在、経口避妊薬といえば低用量ピルを示すことがほとんどです。
国内で流通している低用量ピルは卵胞ホルモンが30~40μgで、30μg未満の超低用量ピルも使われています。

経口避妊薬は、ホルモン量の変化によって、一相性ピル、二相性ピル、三相性ピルに分けられます。
一相性ピルは、1シート全て(偽薬以外)のホルモン量が一定のタイプです。
中高用量ピルと超低用量ピルは、全て一相性です。
一相性ピルは生理日の調整に便利です。
二相性ピルは、ホルモン成分が2段階に変化するピルで、後半の黄体ホルモンが前半の2倍になり、自然のホルモン量変化に近い形になります。
三相性ピルは、ホルモン成分が3段階に変化するピルで、変化のさせ方は製品によって異なります。
卵胞ホルモンが一定で黄体ホルモンを徐々に増やしてホルモン環境の変化を滑らかにしたタイプ、不正性器出血を抑えるために第2相で卵胞ホルモンを第3相で黄体ホルモンを増やしたタイプなどがあります。

どの種類の低用量ピルも避妊効果は高いのですが、個人によって相性があります。
初めて服用する場合、吐き気や頭痛などの症状が現れることがありますが、飲み続けるうちになくなります。
症状が強い場合には、別の種類のピルに変えると改善されることがありますので、医師に相談しましょう。

関連記事
オキシドという避妊薬の飲む時間とは 2020年02月01日

みなさんは、飲む時間の決まっていない避妊薬をご存じですか。ほとんどの避妊薬は、食後など飲む時間がきちんと決められています。しかし、忙しい主婦やフリーターなどでは避妊薬を飲むことが難しいと思います。しかし、毎日飲まなければいけないので大変です。そんなときには、インターネットの口コミサイトでも話題に上が...

旅行も安心!避妊薬で生理を遅らせる 2019年12月24日

旅行などで長距離移動をする場合、女性にとって気になるのが生理です。移動中はナプキンなどを変える事が出来ませんし、頻繁にトイレによる事も出来ない場合、漏れなどが心配になります。長距離の移動があると事前に分かっている場合、避妊薬で生理遅らせる事がお勧めです。避妊薬と言えば名前の通り、妊娠しないように服用...

副作用がない避妊薬と服用スタートの時期について 2019年11月19日

経口避妊薬は、1960年アメリカで最初に認可されましたが、ホルモン量が多い高用量ピルだったため、副作用が問題にされました。その後、ホルモン量が少なく副作用がない低用量ピルが1973年に開発され、世界中で利用されるようになりました。日本での認可は1999年と遅く、その間に国内では「経口避妊薬=副作用が...

避妊薬を遅れて使用しても大丈夫? 2019年09月18日

避妊薬やモーニングアフターピルというのは通常はセックスが終わってから72時間以内に服用しなければ、避妊としての効果は得られないと言われています。避妊薬は避妊をする為に絶大な効果を誇る薬の一つですが、いくら優れた薬であっても時間内に服用しなければ効果はなく、遅れて服用しても意味がないということなのです...

ハーブで体温上昇を図ることは避妊薬使用時に最適 2019年10月24日

避妊薬を使用すると、体の冷えから体調不良が引き起こされますが、これは月経時に関わる症状なので、体温の上昇を心掛けて生活する配慮が重要です。ハーブはその助けを行いますし、避妊薬と併用しても効果を阻害しないので、自然かつ有効的に体温の上昇が望めますから、有効に活用する積極的な姿勢が大切です。多様なハーブ...