• ホーム
  • 旅行も安心!避妊薬で生理を遅らせる

旅行も安心!避妊薬で生理を遅らせる

旅行などで長距離移動をする場合、女性にとって気になるのが生理です。
移動中はナプキンなどを変える事が出来ませんし、頻繁にトイレによる事も出来ない場合、漏れなどが心配になります。
長距離の移動があると事前に分かっている場合、避妊薬で生理遅らせる事がお勧めです。

避妊薬と言えば名前の通り、妊娠しないように服用する薬というイメージがありますが、服用する事で生理遅らせる事もできます。
避妊薬には「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が、主成分となっています。
服用する事で排卵を抑え、妊娠しないようにする事が可能です。
また、女性ホルモンに作用する為、生理を遅らせる効果も避妊薬は持っています。

通常、避妊の為に飲む場合は21日間飲み続けて7日間は休みます。
その後生理になるのです。
生理遅らせる場合は避妊薬を、21日間飲み続けた後も服用を続けます。
飲み続けている間は、生理になる事はありません。

また服用の方法を変えれば、生理を早める事も可能です。

飲み終わってから、約2日から3日ほど経てば自然と生理になります。
避妊薬は毎日飲み続けなければ、排卵してしまい生理遅らせる効果が発揮されない為、しっかりと毎日飲み続ける事が大切です。
毎日飲み続ける事はもちろん、同じ時間帯に服用する事も重要です。
決まった時間に飲めるよう、ライフスタイルに合った時間に服用しましょう。
副作用の心配をする方も多いようですが、生理を遅らせる為に飲む場合は、ホルモンの量が少ない低用量の避妊薬を処方されるケースがほとんどです。
低用量であれば、それほど副作用の心配をする必要は無いでしょう。

長距離移動を快適にする為、生理を遅らせる避妊薬でのケアは、女性なら知っていて損は無いと思います。

関連記事
副作用がない避妊薬と服用スタートの時期について 2019年11月19日

経口避妊薬は、1960年アメリカで最初に認可されましたが、ホルモン量が多い高用量ピルだったため、副作用が問題にされました。その後、ホルモン量が少なく副作用がない低用量ピルが1973年に開発され、世界中で利用されるようになりました。日本での認可は1999年と遅く、その間に国内では「経口避妊薬=副作用が...

避妊薬を遅れて使用しても大丈夫? 2019年09月18日

避妊薬やモーニングアフターピルというのは通常はセックスが終わってから72時間以内に服用しなければ、避妊としての効果は得られないと言われています。避妊薬は避妊をする為に絶大な効果を誇る薬の一つですが、いくら優れた薬であっても時間内に服用しなければ効果はなく、遅れて服用しても意味がないということなのです...

ハーブで体温上昇を図ることは避妊薬使用時に最適 2019年10月24日

避妊薬を使用すると、体の冷えから体調不良が引き起こされますが、これは月経時に関わる症状なので、体温の上昇を心掛けて生活する配慮が重要です。ハーブはその助けを行いますし、避妊薬と併用しても効果を阻害しないので、自然かつ有効的に体温の上昇が望めますから、有効に活用する積極的な姿勢が大切です。多様なハーブ...

避妊薬の飲み始めに注意しておきたいこと 2019年10月06日

避妊薬を飲み始めるのは大抵生理初日のタイミングです。これは低用量タイプの避妊薬であればどのメーカーのものでも同じです。ごくまれに生理が始まってから数日以内の服用を勧めているというものもありますが、よりスムーズな形で避妊を進めていくのであれば生理の初日の段階での飲み始めがオススメなのです。というのも、...

避妊薬の作用を効果的に得たい時は水で飲むことが1番 2019年08月31日

近年は経口避妊薬である低用量ピルを避妊目的以外で使う人が増えています。避妊効果はほぼ100%といわれていますが、薬の中に含まれている女性ホルモンが女性の悩みを改善、病気の予防をしてくれます。避妊薬には避妊効果以外のどのような効果があるのでしょうか。避妊のしくみとその他の効果、薬の作用を十分に得る為の...