• ホーム
  • オキシドという避妊薬の飲む時間とは

オキシドという避妊薬の飲む時間とは

みなさんは、飲む時間の決まっていない避妊薬をご存じですか。
ほとんどの避妊薬は、食後など飲む時間がきちんと決められています。
しかし、忙しい主婦やフリーターなどでは避妊薬を飲むことが難しいと思います。

しかし、毎日飲まなければいけないので大変です。
そんなときには、インターネットの口コミサイトでも話題に上がっていたオキシドがおすすめです。
オキシドは、包装されているシートがカレンダーになっています。
避妊薬といっても、シートに入っているものはそれぞれ種類が違います。
オキシドは、体を休めるためのものから、ホルモンを活性化させるものまでさまざまです。
そのため、飲み間違いや、飲み忘れを防ぐために、シートにカレンダーを印刷しています。
このことによって、うっかり飲み忘れることもなく安全にオキシドを使えます。

その他にも、水なしでも飲めるような小さな錠剤なので、気分が悪いときにも飲み込めます。
通勤中の電車ですぐに取り出せ、オキシドを飲めるのはとても魅力的です。
飲む時間は、性行をした場合は、半日以内に飲む方が確実に避妊できます。

避妊薬なら、医者の診断書を提出することですぐに処方されますが、万が一の事があるので、カバンやポーチにいつも入れておくのが良いでしょう。
オキシドは、一枚一枚のシートかとても薄く、小さいのでポケットにも入れておけます。
また、シンプルなデザインなので、友人や家族の前でも、避妊薬を飲んでいることを知られずに済みます。
そして、オキシドを購入するときには、薬局よりもレディースクリニックがおすすめです。
レディースクリニックは、プライバシーが守られたしっかりとしたところです。
女性の安全を第一に考えているのでとても安心できます。

関連記事
旅行も安心!避妊薬で生理を遅らせる 2019年12月24日

旅行などで長距離移動をする場合、女性にとって気になるのが生理です。移動中はナプキンなどを変える事が出来ませんし、頻繁にトイレによる事も出来ない場合、漏れなどが心配になります。長距離の移動があると事前に分かっている場合、避妊薬で生理遅らせる事がお勧めです。避妊薬と言えば名前の通り、妊娠しないように服用...

副作用がない避妊薬と服用スタートの時期について 2019年11月19日

経口避妊薬は、1960年アメリカで最初に認可されましたが、ホルモン量が多い高用量ピルだったため、副作用が問題にされました。その後、ホルモン量が少なく副作用がない低用量ピルが1973年に開発され、世界中で利用されるようになりました。日本での認可は1999年と遅く、その間に国内では「経口避妊薬=副作用が...

避妊薬を遅れて使用しても大丈夫? 2019年09月18日

避妊薬やモーニングアフターピルというのは通常はセックスが終わってから72時間以内に服用しなければ、避妊としての効果は得られないと言われています。避妊薬は避妊をする為に絶大な効果を誇る薬の一つですが、いくら優れた薬であっても時間内に服用しなければ効果はなく、遅れて服用しても意味がないということなのです...

ハーブで体温上昇を図ることは避妊薬使用時に最適 2019年10月24日

避妊薬を使用すると、体の冷えから体調不良が引き起こされますが、これは月経時に関わる症状なので、体温の上昇を心掛けて生活する配慮が重要です。ハーブはその助けを行いますし、避妊薬と併用しても効果を阻害しないので、自然かつ有効的に体温の上昇が望めますから、有効に活用する積極的な姿勢が大切です。多様なハーブ...

避妊薬の飲み始めに注意しておきたいこと 2019年10月06日

避妊薬を飲み始めるのは大抵生理初日のタイミングです。これは低用量タイプの避妊薬であればどのメーカーのものでも同じです。ごくまれに生理が始まってから数日以内の服用を勧めているというものもありますが、よりスムーズな形で避妊を進めていくのであれば生理の初日の段階での飲み始めがオススメなのです。というのも、...