手で持たれる薬

低用量ピルは、女性が正しく服用すればほぼ100%妊娠を回避できる避妊薬です。
また避妊以外にも女性に嬉しい効果があります。
避妊薬の内服により子宮内膜が薄くなるので、月経量が少なくなり月経期間を短くしたり月経痛を緩和したりします。
さらに子宮内膜症の治療に使われることがあります。

避妊薬はがんの発生率を抑制する効果もあります。
子宮体がんや卵巣がんは、発症リスクが50%軽減されます。
ある調査結果では、1回の月経でナプキンの個数を10個は減らせると結論付けています。
また月経前にできるニキビや、ヒゲが生える部分にできる大人ニキビの改善にも避妊薬が役立ちます。

これらの原因の一つは、排卵後に増加する黄体ホルモンが皮脂の分泌を促すことです。
よって排卵を抑制すれば、ニキビができない環境が整います。
さらにニキビの原因に男性ホルモンがありますが、最近では男性ホルモンを抑える作用の避妊薬があります。
皮膚科の治療や毎日のスキンケアで改善しなかったニキビが治ることがあります。

月経前症候群は排卵期から黄体期、月経期においてホルモンが著しく変動することが原因でもあるため、避妊薬でホルモンを安定させれば症状が改善されます。
避妊薬は2日以上内服しないと、避妊することができません。
一般的に内服をやめて3ヶ月経てば、正常の排卵周期が90%の確率で回復します。
避妊薬によって月経が周期的に来るので、妊娠するタイミングを調整できます。
出産後の授乳が終わったころから再び服用し始めれば、2人目をいつ妊娠するかなど家族構成も計画できます。

最近は種類が増えているので、一人ひとりの目的や生活習慣に合ったものを選べば、避妊以外でも健康や美容に効果があります。
また、低用量ピルの他に超低用量ピルがあり、ヤーズというものです。
このヤーズとは低用量ピルに比べて卵胞ホルモンが少ないのが特徴のひとつです。
その特徴のおかげで副作用が少ないので安心して服用できる避妊薬となっています。
また、男性ホルモンを抑えることができるので大人ニキビを防ぐことができ、また肌が綺麗になる効果が期待できます。
そんなヤーズは保険適応外なので、ピルの購入をする際は通販サイトを利用しましょう。

記事一覧
避妊薬を遅れて使用しても大丈夫? 2019年09月18日

避妊薬やモーニングアフターピルというのは通常はセックスが終わってから72時間以内に服用しなければ、避妊としての効果は得られないと言われています。避妊薬は避妊をす...

ハーブで体温上昇を図ることは避妊薬使用時に最適 2019年10月24日

避妊薬を使用すると、体の冷えから体調不良が引き起こされますが、これは月経時に関わる症状なので、体温の上昇を心掛けて生活する配慮が重要です。ハーブはその助けを行い...

避妊薬の飲み始めに注意しておきたいこと 2019年10月06日

避妊薬を飲み始めるのは大抵生理初日のタイミングです。これは低用量タイプの避妊薬であればどのメーカーのものでも同じです。ごくまれに生理が始まってから数日以内の服用...

避妊薬の作用を効果的に得たい時は水で飲むことが1番 2019年08月31日

近年は経口避妊薬である低用量ピルを避妊目的以外で使う人が増えています。避妊効果はほぼ100%といわれていますが、薬の中に含まれている女性ホルモンが女性の悩みを改...

男性用避妊薬はあるのか? 2019年08月11日

避妊薬と言えば女性のために用意されたお薬のイメージがあります。今の時代、男性用にも避妊薬が開発され始めています。コンドームでもなくピルでもない、全く新しいジェル...

避妊薬の種類と効果 2019年07月30日

経口避妊薬は、分類方法ごとに、幾つかの種類に分けることができます。経口避妊薬は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていますが、卵胞ホルモンの用量によって、中高用...